汗染み・においなどの落とし方

冬場も気になる汗染みの落とし方

意外と冬場も汗をかき作業着についてしまう汗染みは、洗濯機でいきなり洗う前に予洗いすると落としやすくなります。このとき、液体洗剤ではなくケイ酸塩入りの洗濯用固形石鹸を使うのがコツです。一般的に固形石鹸のほうがより、汚れ落ちが良いとされています。使わなくなった歯ブラシなどで、汗染みが気になる部分を優しく擦りましょう。このとき、注意したいのが冷たい水で洗わないということです。50度から60度のお湯で洗うと、より汗染みが浮き上がるようになります。この後は普通に洗濯機で洗うだけです。

この方法でも汗染みが落ちなかったという場合は、お湯に塩素系漂白剤を溶かした液体を作り1時間から2時間程度つけこんでみましょう。ただ、塩素系の漂白洗剤は色落ちすることもあるので、この点は注意が必要です。

頑固な臭いは重曹で落とそう

香りの強い柔軟剤を使い洗っても作業着についた臭いが取れない、逆に柔軟剤の香りと混ざってしまいより臭くなってしまうというケースも少なくありません。作業着の頑固な臭いは重曹を使って落としてみましょう。重曹は消臭効果にとても優れています。小さじ1程度の重曹を約40度程度のお湯に溶かしたものに30分程つけおきして、洗濯するだけで気になる臭いを軽減できます。

重曹には薬用・食用・工業用の3種類があるのですが、この3つの中で洗濯に適しているのは工業用です。工業用となっている重曹はキメが粗いので掃除や洗濯に向いていると言われています。また、薬用・食品の重曹と比べると工業用のものはリーズナブルです。ただし、口には入れていけないので必ず掃除と洗濯以外には使わないようにしましょう。

希望の作業着が手に入らない時は作業服の通販が便利です。デザインもサイズもバリエーションも豊富なので欲しい服が見つかります。