作業服を機能別で選ぶ

ひとくちに作業服と言っても、労働環境によって必要とされる機能は変わってきます。たとえばものすごく暑い環境で防寒性の高い作業服を着ても、熱中症などのリスクが高まるばかりで作業効率はあがらないでしょう。では作業服にはどのような機能のものがあるのでしょうか?

気温への対応が求められる現場

難しい作業をする時が多い現場の作業員は、体調管理を十分にしなければいけません。特に気温への対応が必要になるので、適切な対策を考えておくべきです。作業着は季節によって向いているものが違い、暑い時…

Read More

汚れることが多い現場

作業服の定番色といえば青色ですが、ゴールドラッシュ時のアメリカの作業現場が由来とされています。青いデニム生地の作業着が使われることが多く、丈夫で長持ちすると人気でした。デニムが青く染められた理…

Read More

現場仕事を快適に!ニーズに合う作業服を選ぼう!

作業服は、長時間の現場作業に耐えられる素材やデザインが採用されているものが多く、高価格帯の商品の中には機能性に富んだものもあります。

作業服の洗い方

現場や作業内容によって作業服に付着する汚れは多種多様であり、ものによってはなかなか落ちない、洗い方がわからない等の悩みを抱える方も多いことでしょう。ここでは汚れの原因別による洗濯のポイントなどを挙げていきます。

汗染み・においなどの落とし方

意外と冬場も汗をかき作業着についてしまう汗染みは、洗濯機でいきなり洗う前に予洗いすると落としやすくなります。このとき、液体洗剤ではなくケイ酸塩入りの洗濯用固形石鹸を使うのがコツです。一般的に固形石…

Read More

油汚れの落とし方

作業服に付着した頑固な油汚れを落とすには汚れの種類を正確に把握して最適な道具や洗剤を使用する必要があります。様々な分野で作業服が使用されていますが、それぞれの仕事内容によって付着する汚れには違いが…

Read More

鉄さびの落とし方

作業服についた鉄さびは、通常の洗濯洗剤では赤茶けたシミとして残ってしまうため漂白剤の使用を考える人は少なくありませんが、塩素系など一般的な漂白剤ではきれいに落とすことはできません。カラー作業服の場…

Read More

精密機器・食品など、扱うものがデリケートな現場

食品工場なら異物混入対策タイプ

食品工場ではいろいろな食材を組み合わせて食品を製造していきます。工場側が予め用意した食材を人が加工したり、調理や箱詰めなどをしていく工程があり、そこで作業する人は所定の作業服を着用しなければいけません。作業をするときにはちょっとした作業道具などを使いたいときがあり、そのためにポケットが付けられているものが多いかもしれません。しかし食品工場においてはポケットのない異物混入対策を施したものが主流になりつつあります。ポケットには異物が混入しやすく、そこから加工中の食品に異物が入ってしまう可能性があるでしょう。ポケットがついていないだけでなく、髪の毛が落ちにくいタイプや、ほつれによる糸くずが出にくいタイプなどもあります。

精密機械工場で静電気を防ぐタイプ

精密機械を製造する工場では、非常に細かい作業が必要になるでしょう。クリーンルームと呼ばれる埃や塵を極力抑えた作業場で作業をするときもあります。このときに防ぎたいのが静電気で、静電気が発生してしまうと作業に影響してしまうので注意が必要です。作業服の中には静電気を防止する対策を施したタイプがあるので利用を検討すると良いかも知れません。こちらを利用すると作業をしていても静電気が発生しにくくなるので、製品への影響も少なくなりますし人体への影響も少なくなります。クリーンルームの室温によって選べるようになっていて、室内の温度が高めであれば半袖などを選べますし、低かったり一定の温度を保つところなら長袖なども選択できます。