汚れることが多い現場

汚れが目立ちにくい作業服の色

作業服の定番色といえば青色ですが、ゴールドラッシュ時のアメリカの作業現場が由来とされています。青いデニム生地の作業着が使われることが多く、丈夫で長持ちすると人気でした。デニムが青く染められた理由には幾つかあり、有名なのは染料の素となるインディゴを虫などが嫌うというものです。実用的にも、濃い青色は油や汚れが目立ちにくいという特性があります。青色と同じく汚れが目立ちにくいのが、グレーなど落ち着いた感じの色です。黒色となると汚れが白っぽくなるので、多少明るめの色の方が適しています。作業服は頑固な汚れがつきやすく、洗濯して落ちないことがよくあります。グレーなどは多少の汚れが残っても、目立たないという利点があります。

作業服には汚れを目立たせる目的も

作業服は落ち着いた色が選ばれやすいですが、敢えて目立つ色を選択することもあります。人目につく作業服を着ることで、作業中であることを周囲に知らせる効果を発揮します。特に夜間など視界が悪い環境では、目立つ色の作業服にすることで安全性が高まります。例えば消防士やロードサービス隊員などは、ひときわ目立つオレンジの蛍光色が制服に採りいれられています。また、作業服には汚れを目立ちにくくするものと、汚れを目立ちやすくするものがあります。食品や医療関係のような衛生管理が必要な現場では、汚れをすぐにチェックできることが肝心です。そのため全身を白色一色で覆う、衛生白衣という作業服を着ることになっています。因みに、自動車工場や精密機器メーカーでも白衣が採用されています。