鉄さびの落とし方

塩素系漂白剤では落としにくい鉄さび

作業服についた鉄さびは、通常の洗濯洗剤では赤茶けたシミとして残ってしまうため漂白剤の使用を考える人は少なくありませんが、塩素系など一般的な漂白剤ではきれいに落とすことはできません。カラー作業服の場合、白物専用の漂白剤を使ってしまうと生地そのものの色まで抜けてしまいます。鉄さび汚れを漂白剤で落としたい時には塩素系ではなく、還元性漂白剤の使用が適しています。還元性タイプも白物専用となっていることから、製品に記載されている使用方法を守ることはもちろん、作業服の目立たない場所に液を少量つけてしばらく放置し、色落ちしないことを確かめてから鉄さびで汚れた部分に使用します。使用濃度を守り、長時間の浸け置きは避けることが大事です。

身近な物を活用した鉄さび落とし

還元性漂白剤をうまく使うことで、作業服の鉄さび汚れを落としながら清潔に洗い上げることができますが、身近にある物を活用して鉄さびを落とすことも可能です。鉄さび落としにはクエン酸が適しているため、作業服に頻繁に鉄さびがついてしまう場合はドラッグストア等で購入しておくと便利ですが、レモン汁を代用するという手もあります。レモンがない場合は食用酢も有効で、どちらも鉄さびがついた部分にしみ込ませて歯ブラシ等でこすったり、つまみ洗いを行います。どちらも酸以外の成分によって作業服に別のシミが生じることがあるため、使った部分は鉄さび汚れと共に水でよく洗い流してから洗濯機で全体を洗います。酸を使った鉄さび落としと共に塩素系漂白剤を使ってしまうと有毒ガスが発生する恐れがあり、その点は要注意です。

作業着は専門店で買うのがいいでしょう。専門店なら生地やデザインなど仕事内容に応じて選ぶことが可能です。